内臓脂肪とはこんな脂肪。

一見やせて見える人も、内臓脂肪がついている

肥満にはか脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があります。
それぞれ体験の特徴から、ような仕事肥満と隣国だ肥満にわかれます。
りんご型の肥満の人が内臓脂肪型肥満となります。
しかし、外見はその頃太っていないにもかかわらず、、 CT 画像で見ると内臓に脂肪がついてる人が沢山います。
このタイプは、隠れ肥満ともいえ、非常に厄介です。

 

しかし、内臓脂肪には皮下脂肪とは異なる特徴があります。

 

内臓脂肪は、基礎代謝をあげると落ちやすい

実は、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて落としやすい死亡です。
内臓脂肪は内蔵の周りの、特に腸間膜という腸を包んでいる薄い膜と膜の間にたまります。
しかし皮下脂肪は皮膚の下の組織にたまる脂肪のことです。

 

内臓脂肪がたまる腸間膜には、食べ物から栄養分などを吸収する、腸管からの血管が沢山集まっています。
だから、ここに脂肪がたまると、脂肪細胞の影響等が血流を通して、すぐに全身にでてしまいます。

 

ですから、皮下脂肪より内臓脂肪の方が、体の代謝をコントロールすることによって、落としやすいのです。
内臓脂肪は、体のエネルギー消費と深く結びついています。

 

内臓脂肪はたまりやすいが落としやすい。

内臓脂肪の方が代謝との関係が深いというのが重要なポイントです。つまり、内臓脂肪はたまりやすいが、代謝を上げることで減りやすいという性質があると言うことです。特に運動は、内臓脂肪の減少に非常に効果的です。体の脂肪の中で最初に減っていくのが内臓脂肪です。逆、、ちょっと油断すると短期間でたまってしまうのも内蔵脂肪です。皮下脂肪は、皮膚の下に貯まりますが、そこには毛細血管がわずかしかありません。ですから皮下脂肪の方が運動の効果が出にくいのです。